Skip to content

スタバが選ばれる理由

Pocket

スターバックスでAppleのMacbook Airなどを得意顔(ドヤ顔)で操る人をドヤラーと言います。個人で仕事をするノマドワーカー、会社員、また学生にとって、仕事や勉強をするのになぜスタバがおすすめなのでしょうか?

コストパフォーマンスの高さ

意外に思われる方も多いでしょうが、スタバをコストパフォーマンスの高さで選ぶ人は多いようです。確かにフラペチーノやデザート類は高いです。ですが、ドリップコーヒーを購入すると、スタバではone more coffeeのレシートをもらえます。このレシートがあれば、コーヒーを購入した日ならどの店舗でもコーヒーのおかわりを100円ですることができるのです。同じサイズであれば、アイス、ホットどちらでも利用できます。本日のコーヒーならショートサイズで280円(税抜き)です。わずか380円(税抜き)でコーヒーを2杯飲めてしまうのですから、他のコーヒーショップと比べてもかなりコストパフォーマンスが良いと言えるのではないでしょうか。ブラックコーヒーは苦手だという方でも、カウンター横にはミルクや砂糖、はちみつ、各種パウダーなどが揃っているので無料でカスタマイズできます。さらに、マグカップやタンブラー持参で行けば20円引きになるという嬉しいサービスもあります。

電源とWi-Fiが使える

パソコンであってもMacbookであっても、操るには電源が必要です。外で使うにはバッテリーがどれだけ持つか、ということが重要になります。電源があれば予備のバッテリーを持ち歩く必要がありません。そのうえスタバには無料で接続できるアクセスポイントもあります(有料もあり)。ときどき、スタバのWi-Fiがすぐ切れるという話しを聞きますが、再起動しても接続できなければ席を変えてみましょう。レジ付近にWi-Fi機器が設置されていることが多いので、レジに近い席に座ってみると良いかもしれません。スタバの雰囲気やスタッフのサービスの良さなども、仕事や勉強をする人がスタバを選ぶ理由の一つです。場所にとらわれない働き方が一般的になった現代、これからますますドヤラーは増えていくことでしょう。