Skip to content

ドヤラーって何のこと?

Pocket

ドヤラーというとスタバでコーヒーを脇に置き、ドヤ顔でMacbookをカタカタいわせる人、という印象を思い浮かべる人が多いと思います。どちらかというと、あまり良い印象を抱いていない、という方もいることでしょう。そこで今回はドヤラーの実態に迫ってみたいとおもいます。

ドヤラーとはどんな意味?

特定のオフィスを持たずにノートパソコン一台で仕事をする、時間や場所にとらわれない働き方をする人をノマドワーカーと言います。スタバにいるドヤラーの多くはフリーランスで仕事をするノマドワーカーです。「どこでもよいのなら自宅で仕事をすればいいじゃないか」と思うでしょうが、人間とは弱い生き物です。気を散らすものがあると、なかなか集中して仕事をすることができません。ですが、時間が限られていると集中できたり、周りに人がいるとかえって集中して作業できます。あるいは、もしかしたら自宅に仕事に没頭できる空間がないかもしれません。このように、さまざまな理由でスタバで仕事をしている人、特にMacbookを使っている人を称して「ドヤラー」。作業そのものを「ドヤリング」と言います。また、ドヤリングをしている状態のことを「ドヤる」などともいいます。Macbookとスタバのおしゃれ感、スタイリッシュ感が「意識高い系の人」という印象を与え、それがひいては「ドヤ顔」をして作業していると若干の羨望と揶揄とが混ざり合った批判を浴び、このような俗語が生まれたのでしょう。最近は、ドヤラーが拡大解釈され、スタバ以外の場所で作業する人や、AppleのMacbook以外を使っている人でもドヤラーと呼ぶようになってきました。

ドヤラーはスタバでなにをしているのか?

ノマドワーカーのほとんどは、ノートパソコン一台でできる在宅ワークをしています。ノマドワーカーといっても内容はさまざまで、アフィリエイト、せどり、FX(株・投資系)、WEBライターなどパソコンでできる仕事には限りがありません。ですが、スタバにいるドヤラーはすべてがノマドワーカーなわけではありません。大学生がレポートや論文を書いていたり、サラリーマンがすき間時間に商談の資料を作成していることもあるでしょう。また、ときにはyoutubeで動画を視聴していたり、ネットサーフィンをしている、またはブログを更新しSNSにスタバの写真をのせて「いいね」を集めているだけ、という場合だってあるでしょう。Twitterで検索するとたくさんのドヤラーを見ることができます。

ドヤラーとマウンティングの違いは?

スタバとMacbookという意識高いアイテムを組み合わせることで、恥ずかしい、とかイタイという風に見る人も少なからずいます。実際、「マウンティングと変わらないのではないか」という人もいます。マウンティングとは、本来は動物が自分の優位性を表すため相手に対して馬乗りになることです。人間関係においては、自分の幸せや優位を明らかにするために、一方的に他人を格付けしアピールすることを意味します。他人と自分を比較し、優越感や自尊心を満たすのです。女性であればファッションや容姿、夫や彼氏の仕事や学歴、年収などを比較します。男性の場合は、「どれだけお酒が飲めるか」「どれだけモテるか」といったストレートで分かりやすいものから、「ゆうべ4時間しか寝てない」などの不健康自慢まで多種多様です。また、マウンティングする男性に多いのがいわゆる意識高い系の人たちです。「すごい」「さすが」という称賛を常に求めています。ドヤラーたちのなかには、無意識のうちにこうしたマウンティング行為を行っている人たちもいることは否めません。「スタバでMacbookを操る俺はすごい」という虚栄心です。こうしたマウンティング男子たちは、本当に必要で仕事をしているドヤラーたちにとってははなはだ迷惑な存在です。組織に縛られない新しい働き方をする人は今後増えてくるでしょうから、これからもドヤラーは時代に合わせてスタイルを変えつつ存続していくことでしょう。